ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2008年11月19日

入道雲 メイキング

 クラシコ・ファブリアーノという水彩紙を買ったので、使ってみました。ファブリアーノはイタリアの水彩紙で、13世紀の創業、かのレオナルド・ダ・ヴィンチもファブリアーノの紙を使ったという、由緒正しい水彩紙です。クラシコファブリアーノは粗目で、ややクリーム色がかった紙です。ボクが買ったのは厚さが200g、B2判くらいの大きさで700円くらいだったと思います。前回使ったクラシコ5とちがって、こちらはコットン100%。
(画像をクリックすると大きな画像が開きます。)

0811ThunderHead1801.jpg


 今回描いたのは、以前にも描いたことのある入道雲です。雲のてっぺんが王冠のようになっていて印象的でした。水張りしたファブリアーノに簡単なスケッチをしたら、遠くにある車をマスキングインクでマスキングします。植木の部分にも点々とマスキングインクを置いていきました。後で葉っぱの隙間のようになります。

 乾いたら、平筆を使って全体をまんべんなく水で濡らします。光にかざして、乾いているところがないようにします。塗っているうちに乾きはじめたところは、水を追加します。
 ちょうど良い乾き具合になるまで置いておいて、使う予定の絵の具を溶いておきます。空の面積が広いので、タップリ絵の具を用意しました。粗目の水彩紙は乾きが遅いので助かります。

0811ThunderHead1802.jpg


 はじめに空を塗りました。マンガニーズブルーをにじませながら、雲は塗り残すように。ほっておくと、雲の部分にまでにじんでくることがあるので、ティッシュで雲の輪郭をポンポンとたたくようにして水分を吸い取ります。こうすると、にじみが水分のないところで止まります。いろんなところで応用できるテクニックです。
 空が終わったら、雲の濃淡もつけていきましょう。雲は白いものという先入観がありますが、意外と濃淡があって、ホントに白く輝いている部分はわずかです。薄くても濃淡をしっかりつけると、雲が立体的になります。

0811ThunderHead1803.jpg


 全体が湿っているうちに、地上の赤っぽい色をした植木と遠くに見えている林の色もにじませました。空の部分に緑や赤がにじんでしまいますが、後でもう少し濃い絵の具で色の濃いところを描いていくので大丈夫。こうして薄い色をにじませておくと、水彩画らしい感じが出ると共に、空気も表現できます。
 少し乾いたら、林と植木の部分には塩をまいて、まだら模様を作りました。

0811ThunderHead1804.jpg


 ここまで、全体が湿っているうちに一気に描きました。粗目の水彩紙は乾きが遅いのでウェットインウェットがやりやすいですね。ファブリアーノのにじみ具合もいい感じです。この後は細部を描き込んでいきます。

タグ:
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 入道雲 メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵ですね、どれもこれもくどうさんらしさが滲みでていて、いいなと思いました。
続きが楽しみです。こんなに色数が少ないのにくどうさんらしさが広がっているので不思議な気がします。これからも色々と教えてください。
Posted by ノエル at 2008年11月21日 23:19
ノエルさん、コメントありがとう。
ボクも時々ブログ拝見しています。
色数が少ないのは「ずぼら」な面があるからでしょうかねぇ。変に几帳面なところもあるけど。昔は24色セットを持っていましたが、だんだん使わなくなって、最近では6〜7色くらいになってしまいました。
ノエルさんもめきめき上達していますね。参考になるところがあれば幸いです。
Posted by くどうさとし at 2008年11月21日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ