ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2009年03月13日

まっち水彩絵の具で描きました。ネルソンの町並み

 ニュージーランド、南島にあるネルソンという町の通りを描きました。何という通りかは記録していなかったのでわからないのですが、繁華街の一本裏通りだったと思います。

 前回、地味〜な色は試したので、今回は、まっち水彩絵の具でどれくらい濃く鮮やかに描けるかを、この絵で試しました。紙はファブリアーノ・トラディショナルホワイト・細目。細目といってもウォーターフォードの荒目と同じくらいの荒さです。

 0903Nelson01.jpg
最初にウェットインウェットで彩色

 写真から輪郭をトレースしたら、マスキングインクで白く抜きたいところをマスク。今回は窓の桟と道路の白線。次に全体を水で湿らせて少し待ちます。
 ファブリアーノは乾きが遅い方なので、ウォーターフォードよりも長く置いておいた方がいいみたい。空から塗ったのですが、ちょっと早かったようです。空の色はまっちのウルトラマリンをたっぷり溶いてどばーっと筆でのせました。ふつう透明水彩ではこんなに濃い空にはしないけど、ものは試しだから。粒子1ミクロンのまっちでも、さすがにこれだけ濃いとダマになる。

 白い雲はティッシュで水気を吸い取って空の色が進入しないようにしています。続いて右の黄色い建物に、まっちのイエローをのせました。右端の車の赤はマゼンタとイエローの混色。道路の淡いブラウンを塗ったら、ちょっぴり塩をまいてテクスチャをつけました。
 空が乾く寸前に、うすい紫や水をぽたっと落としてにじみを作ります。ちょっとドラマチックになるでしょ?。乾いたら赤茶色の屋根を塗り、単調にならないようにちょっぴり紫をにじませました。
 乾いたら次にシャドウを塗っていきます。

0903Nelson02.jpg
陰の部分に濃い色を着けていったところ

 シャドウを塗るのに使った絵の具は、ウルトラマリンとブラウン。まっちのブラウンはちょっと赤みがかっていて、しかも粒子が細かいせいか暗い部分にはインパクトが今一つかも。
 影も、陰の部分もある程度広い所は茶色がかった暗い色と青みがかった色でムラにするといい感じになります。シャドウが塗り終わったら次は建物や車の色を塗っていきます。

0903Nelson720.jpg
細部に手を入れて完成。

 赤や青に塗られた鮮やかな建物を、なるべく彩度の高い色で塗りました。透明水彩で濃い絵の具を塗ると、粉っぽく冴えない感じになるのですが、まっちは粒子が細かいせいかけっこうみずみずしい感じです。ただ、シャドウはどうしても今一つなので直すことに。まっちを塗った広いシャドウ部分を水でぬらして溶かし、吸い取ったのですが、意外にキレイに落とすことが出来ました。まっちは乾いたあとの修正がやりやすい。乾いたらホルベインのウルトラマリンディープとバーントシェンナで塗り直しました。

0903Nelson03.jpg
塗り直したシャドウ


サイズ:270×160mm 紙:ファブリアーノ・トラディショナルホワイト細目
絵の具:まっちカラー ウルトラマリン、ブラウン、マゼンタ、イエロー
    ホルベイン  ウルトラマリンディープ、バーントシェンナ、マンガニーズブルー
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | How to 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ