ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2015年03月03日

横浜赤レンガ倉庫で水彩教室

DMが届いた方はもうご存知だと思いますが、第5回【日本透明水彩会】展水彩教室をやります。
今年は赤レンガ倉庫1号館の2階を3室全部借り切っての展示ですが、いくら何でも会場が広すぎるので1室を2つに区切って教室をやることになりました。

と言う訳で、ボクも教室をやるのですが、タイトルを

「田舎の風景を描く」

にしました。ズバリ、田舎の風景につきものの、木々や林の描き方を学ぶ講座です。
日時は2015年4月7日(火)午後1時30分〜4時30分
場所は横浜赤レンガ倉庫1号館2F。

日本中でお目にかかる田んぼや林の絵。まだ決定ではありませんが、絵の出来よりも林や木の描き方の参考になることを優先して題材を考えました。

たき火の写真
手前が畑、その奥に生け垣があって農家の庭になっています。その奥に竹林があって、筍を収穫するんでしょうね。さらにその背景に杉林があります。絵としてはたなびくたき火の煙がアクセント。

これを課題として皆さんと描いてみようと思い、1月から試行錯誤してたんですがなかなか手強い。まあ、せっかくですからその「足跡」をお目にかけましょう。

1502_04Bonfire2_700.jpg
最初に描いた絵です。割と写真に忠実に描きました。
ちょっと色合いがレトロですが(笑)、問題はこれ、描くのに3時間くらいかかります。水彩教室は3時間の講座なので、この描き方では終わりませ〜ん。残念!。

1502_05Bonfire2_700.jpg
次に描いたのがこれ。
手数を少なくして描くための試み。具体的には手前の畑を思いっきり省略して、手間のかかる竹林を何とかカンタンに描く方法は無いものかと試行錯誤。あれこれやっているうちにまとまりのない絵になりましたが、まあ、描く手順は確立しました。

1502_07Bonfire2_702.jpg
最終的にはこんな感じ。皆さんと交互に描いても時間内で描き終わるくらい短時間で完成します。
短時間でも手抜きにならずに、雰囲気が出せるように考えました。色合いも青みを多くして寒い感じにしています。たき火の煙がいい感じに…………なった?

この課題のいちばんのポイントは林や竹林、生け垣と言った、木が寄り集まっているところの描き方。これがうまく描ければ、日本中どこへ行っても大丈夫! 林や植え込みがうまく描けなくて悩んでいる方にはぴったりの講座ですよ。ほら、あなたもぜひ(笑)。
建物のない田舎の風景でも遠近感がだせる「空気遠近法」をしっかりマスターしたい方にも役に立つ講座になると思います。

この水彩教室の予約はこちらで受け付けています。
まだ空きがありますからぜひおいで下さい。

また、【日本透明水彩会】展の期間中、いろんな講師が交替で水彩講座を開いています。詳しくはJWSサイトのワークショップページをぜひご覧下さい。
それでは、赤レンガの会場でお会いしましょう。時間の許す限り会場に詰めているようにしますから、声をかけて下さい。

水彩画「たき火」
サイズ:24x34cm 紙:アルシュコールドプレス(細目)300g


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会・インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。