ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2016年05月03日

雨の風景・クラシコ5水彩紙

台南 雨の日(水彩画)

台湾、台南にある林百貨店は日本統治時代の1932年に建設され、戦後は官庁などに使われたようです。その後空き家になっていたものを新しいスタイルの百貨店としてリニューアルされました。ちょうど横浜の赤レンガ倉庫のような感じです。

1605hayashi1932.jpg
創業当時の林百貨店。手前の建物は日本勧業銀行。両方とも今でも見ることができます。

昨年台南を訪れたときは、2つの台風にみまわれて何日かは雨になりました。絵はそんな雨の日の一コマ。
しばらく使っていなかったファブリアーノのクラシコ5というコットン50%の水彩紙に描いてみました。
目は荒目(ラフ)です。

1605hayashi01.jpg
スケッチをとったら百貨店の看板など白く残したいところをマスキング。その後、全体に水を含ませてウェットインウェットで色を置きました。白いトラックのボディはティッシュペーパーで水気を吸い取ります。雨の日のウエット感を出すために盛大に色を滲ませ、濡れた路面の色も置いておきます。

1605hayashi02.jpg
乾いたら薄い色から順にのせます。クラシコ5はたぶんグリザイユ(暗い色で明暗を先に描く描き方)には向かないので、薄い色から濃い色へとオーソドックスに重ねる方がうまく行くと思います。
レンガの壁は横一列を筋状に塗っていきました。一列おきに塗り、乾いたら間を塗ります。

1605hayashi03.jpg
さらにお店の中の暗い部分も塗っていきます。道路は再び水を含ませて、映り込みをウェットインウェットで塗りました。

1605hayashi04.jpg
濃い色も順次塗っていきます。特に赤い色は台湾らしく鮮やかに。

台南 雨の日(水彩画)
道路を薄いグレーで塗りつぶし、筆で縦に吸い取りました(リフティング)。こうすると、雨に濡れた路面の映り込みがそれらしくなります。雨は、道路の上の「ハネ」をホワイトで描き入れて表現しました。マスキングを剥がしたら、細かいところを描き加えて完成。

台南・雨の日
紙:ファブリアーノ・クラシコ5 サイズ:35×50cm


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。