ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2015年01月26日

ひと休み−その1

ホーチミンの街角

ホーチミンでの一コマを水彩画にします。
塀のデコボコや光の当たり方も心ひかれますが、何といってもおばあさんが日陰でひと休みしているのがとても良い感じです。スナップなのでこれ一枚しか写真はありません。

break-time01.jpg
鉛筆でスケッチ。画像ををなるべく大きくプリントして、定規で割合を測りながら拡大しました。めんどくさければ、絵と同じ大きさに拡大コピーしてトレースしてもかまいません。その場合は画像の半分をA3に拡大コピーして、2枚を接ぎ合わせることになります。もちろん、腕に覚えがあればそのままデッサンしてもイイですよ。ちょっとしんどいかも知れないけど。


break-time02.jpg
ピカッと陽の当たる場所を除いて水で湿らせ、薄い色を置いていきました。スケッチの線に関係なく色が滲んで入り乱れている方がおもしろい。キチンと塗りすぎると、退屈な絵になります。
はじめ、水で湿らせたら4〜5分ほったらかしておいてコーヒーでも飲みましょう。水が染みこむ時間が必要です。塗る前に表面を光にかざしてみて、乾いてしまった部分はさらに水を塗ります。
絵の具は太筆に思い切りたっぷり含ませ、塗ると言うより筆先から絞り出すようにして色を置いていきます。実際に穂先を指でギュッとつまんでポタポタ絵の具を落とせばOK。ちょうど筆をスポイトがわりにしたみたいに。

その2に続く



1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひと休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

ひと休み−その2

break-time03.jpg
その1で言い忘れました。スケッチのあと、白く残したいところ、たとえば塀の上のフェンスの支柱や木々の葉が光ったところをマスキングインクでマスキングしています。

最初のウォッシュが完全にかわいたら、シャドウを描いていきます。シャドウから先に描いていく描き方を「グリザイユ」と呼んでいます。
ボクは黒い絵の具を使いません。黒はウルトラマリンライトとバーントアンバーの混色で作ります。
混色で黒を作る利点は、全くの「黒」にはならないので、絵の中で妙に目立たず、うまく溶け込んでくれることです。また、パレットから筆につけるたびに色調が少し変わるので、自然に変化がつきます。色調の変化は、ほかに紫や茶色を所々ににじませて、積極的に作りました。
塀の上、フェンスの中はほとんど光が当たらずシャドウになっていますが、窓の反射光は塗り残しました。

break-time04.jpg
濃いシャドウが塗りおわったら画面の左奥から描いていくことにします。
グリザイユのシャドウは、あまり淡いシャドウまで描いてしまうと白黒写真に色をつけたようになってしまうので、淡いシャドウは固有の色をつけるときに一緒につけていきます。

奥の景色は遠く、主役ではないので、色を薄く抑えて描きました。


break-time05.jpg
2階の窓、木の扉をしっかり描きました。その手前の屋根瓦も瓦で出来る細かいシャドウを描き入れます。
瓦は一枚ずつの輪郭を描いた訳ではありません。あくまで瓦の作るシャドウを描いていきます。
      ↓↓
break-time055.jpg

左奥から右手前へ塀の凹凸も塗り分けていきます。この塀は日陰で、シャドウの中の淡い陰影を描いていくことになり、明暗差をつけるのが難しい部分です。
道路の敷石にも色をつけました。

その3に続く
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひと休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

ひと休み−その3

break-time06.jpg
塀の陰影を一通り描き終わりました。

break-time072.jpg
フェンスの上に木を描きます。明るい黄緑〜グリーンで。
筆の先をパレットに押しつけて先をほうきのように割って、チョンチョンと点描で描きました。
塗り残しが小さな葉っぱに見えるようにするのがコツ。

break-time082.jpg
明るいグリーンが塗れているうちに、ダークグリーンで陰影を描きます。明るいグリーンや小さな塗り残しを塗りつぶしてしまわないようにダークグリーンを滲ませるだけ。
乾いたらとなりの瓦屋根も薄く色を塗ります。

break-time074.jpg
break-time084.jpg
日陰でひと休みしている人物にも色をつけました。ここはアクセントになる部分です。細かいけれど丁寧に描きました。

break-time08.jpg
右端の青い扉も着彩しました。扉はほとんど平面だけれど、わざと2〜3色にじませて濃淡を作りました。

その4に続く
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひと休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

ひと休み−フィニッシュ

break-time10.jpg
道に落ちる影を描きました。
左に見えている屋根の下も薄い色を塗り重ねて少し暗くしました。
透明水彩は下の色が透けて見えるので、重ね塗りすると濃くなります。濃くなりすぎないように気をつけて色を重ねました。

break-time11.jpg
瓦屋根に落ちる影や、塀の凹凸の影など、細かいところの影を加筆したところ。

break-time12.jpg
上の画像と余り変わりませんが、マスキングインクを剥がしたところです。

水彩 ひと休み
完成画像
この画像だけ、スキャナーで撮ったので色が変わってしまいましたが、絵に近い色です。
影を塗ると、明暗のバランスをいじりたくなります。日陰にある黄色い塀とその上の木々、青いドアの上に薄くグレーを重ね塗りして明度を落とし、光の当たっているところともっとコントラストがつくようにしました。
左にある遠景のビルも、ビルらしく見えるように窓を描いてみました。窓を描くと言っても、実際には窓と窓のあいだの壁面を少し濃くしただけです。
人物の色を濃くしたり、塀の明るいところをナイロンの筆でリフティングしてより明るくしました。紙がファブリアーノ(クラシコファブリアーノ、海外ではアルティスティコ・トラディショナルホワイト)だと、乾いたあとでも水をつけてこすると簡単に色を取ることが出来ます。(リフティング)
これで完成。
思ったほど日差しが表現できませんでした。日陰の絵は難しい。

ひと休み(Her rest)
サイズ:34×49cm 紙:ファブリアーノ・アルティスティコ・トラディショナルホワイト 300g
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひと休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ

応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。