ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2008年07月24日

水彩メイキング フィッシャーマンズワーフ その1

0807FW00.jpg

 以前から、絵にしたいと思いつつ、なかなか時間がなくて実現していない一枚。
 ノスタルジックなかたちの路面電車にひかれて、フィッシャーマンズワーフの前の交差点で、粘って撮影したものです。なかなか電車が来ないのと、好きなかたちの車両が(いろんなデザインの路面電車が走っている。)なかなか現れないので、結構時間がかかりました。電車はすぐに出発してしまうので、電車の資料写真としてはこれ一枚きり。まわりの風景は数枚、別アングルで撮ったものを参考にします。

0807FW01.jpg

 原寸大にのばして、薄い紙にプリントした写真をトレース。メインの路面電車まわりは、けっこう細かく、そのほかは適当に省略しています。今回の水彩紙はウォーターフォード。

 今回は、陰の部分を紫色で塗ってみることにします。それも影を先に塗るグリザイユで。佐々木悟郎さんのイラストで見たことがあるかもしれませんが、なぜか陰の部分を紫で塗ると、絵が明るく華やかになりますよね。
 手順は、ウェットインウェットで空と薄い色を塗る→紫で影を描く(グリザイユ技法の応用)→個々のモチーフの色を塗る となります。

0807FW011.jpg

 はじめに空を塗ります。空の部分を水で湿らせて、カリフォルニアの空を表現したいのでいつもより濃いめの青をウェットインウェットでのせていきます。上の方はウルトラマリン、下の方はマンガニーズブルーです。

0807FW012.jpg

 ウェットインウェットで、空に色をのせたところ。まだ湿っています。

0807FW013.jpg

 空が乾いたら、今度は空以外の部分を湿らせて、道路や車の影なども薄い色をにじませました。
ただし、白く残したいところは湿らせない様に水を塗ります。絵の具で塗る前に、湿り気をティッシュで吸い取ってもOK。
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 00:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | フィッシャーマンズワーフ メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

水彩メイキング フィッシャーマンズワーフ その2

0807FW020.jpg

 ウェットインウェットで薄い色を塗ったら、次に濃い影を描きます。先に濃い影を描くのはグリザイユ技法と同じです。ただ、黒(グレー)ではなく、紫色で描いていきます。けっこう濃い色で描いていきますが、絵の具の濃さは、乾いたあと粉っぽく見えるほど濃くはありません。薄くもありませんが水は多めです。
 絵の具はウィンザーブルー・レッドシェードとパーマネントローズの混色。ところどころ、バーントシェンナも使っています。紫も一様な色で塗るのではなく、赤みがかった紫や青みがかった紫などを混ぜて塗っていく方が、単調な陰にならず水彩らしさを出すことができます。

0807FW0205.jpg
1色ではなく、赤みがかったり青みがかったりする紫で塗ります。
何色も作っておく必要はなく、混色した紫をある程度塗ったら、
赤を筆先でちょっとなでて赤紫にし、それで続きを塗ればOK。
バーントシェンナをにじませるときは、別の筆にバーントシェンナをとって続きを塗ります。


0807FW022.jpg
黒い小さな文字を描き込みたいところはペンで描いてしまうのが簡単です。
「ピグマ」などの乾くと耐水性になる水性ペンを使えば、にじまずに描けます。


0807FW021.jpg

 デッサンではないので、中間調まで描き込む必要はありません。影と陰になっているところの濃い部分だけを描いていきます。

陰の部分がだいたい塗れたら、良く乾かして、次は色をつけていきます。



1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 00:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィッシャーマンズワーフ メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

水彩メイキング フィッシャーマンズワーフ その3 完成

0807FW030.jpg

 色をつける順番は特に決まっていませんが、遠景のなるべく薄いところから塗っていくのが一応のセオリーです。今回も遠くの看板から色をつけていきました。


0807FW031.jpg

 細かい部分の多い図柄では、あちこち塗るよりも部分的に仕上げていく方が、精神衛生上よいと思います。たとえば、左端のビルの部分を全部塗ってから、次にとりかかる、というように。


0807FW040.jpg

 この絵も、左のビル、真ん中のレストラン、と塗ってゆき、次に右端の車〜中央の車という順で塗ります。一番目立たせたい中央のメインとなる路面電車は最後に塗りました。他のモチーフに比べて少し強くしたかったので、他の所をだいたい完成させて、それと見比べながら最後に路面電車を完成させようという意図からです。下の完成図で他のモチーフに比べて、路面電車のコントラストがやや強いのがわかるでしょうか。反対に、路面電車を先に完成させて、路面電車が目立つように他を塗っていく方法でも、もちろんOKです。

 主題を先にするか、あとにするか、このへんは何枚か描いてみて自分に合った方を採用すればよいと思います。でも、水彩画ではどうしても主題を最後に描かなくてはならないときもあります。(たとえば、濃い緑の葉っぱの中の白い花のような主題。)


0807FW41.jpg

 白い自動車のようなものは、一見色がないように見えますが、まわりの色が反映してかすかに色が付いています。ほんのちょっと色をつけるだけで、白黒写真のようだった車がカラーになるでしょう?


0807FishermansWorf500.jpg

 完成。お付き合い頂いてありがとうございました。

0807FishermansWorf700.jpg 一回り大きな画像はこちら

サイズ:37.5×27cm 紙:ウォーターフォード300g
絵の具:ウィンザーブルー、マンガニーズブルー、
    トランスパレントイエロー、パーマネントローズ(W&N)
    バーントシェンナ、ウルトラマリンライト(ホルベイン)

1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ