ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2008年05月11日

水彩メイキング 兄弟麺 その1

 台湾のマーケットで撮影した一こまから、絵を描くことにしました。資料写真は何枚かありますが、選んだカットはこれ。

0805BrotherNoodle000.jpg

 今回も絵が複雑なので、トレースすることにしました。また、細かい複雑なモチーフがたくさん写り込んでいるので、画像処理で整理してみました。頭の中で省略するより、実際に試してみられるのでこちらの方が便利です。

0805BrotherNoodle011.jpg

 1はノーマル、2はトーンカーブを調整してコントラストをあげたもの。シャドウはつぶれて、ハイライトがすっ飛んで、だいぶ整理できます。3と4はそれぞれ上の画像をGifファイルに変換した物。Gifにするときに色数を16色に落としています。こうすると、さらにごちゃごちゃしたところや、陰の中が整理されてすっきりします。
下の画像をそのまま描く訳ではありませんが、どこを省略してしまえるか、省略しない方がいいところはどこか、などがよくわかると思います。

 今回は、左側のお店の中や、日陰の人物など、かなり大胆に省略します。遠景のビルも右奥のビルは煩雑なので取ってしまうことに。反対に手前の屋台はけっこう細かく描いていきます。題の「兄弟麺」はこの屋台に書かれている文字。「麺」の後にもうひと文字あるのですが、残念ながら資料写真には写っていなかったので、まあいっか、ということでこれも省略。

0805BrotherNoodle010.jpg

 トレースして、白く残したい細い線をマスキングインクで描いたあと、省略したくない看板の文字を先にペンで描いてみました。赤は油性の細いペン、黒はピグマという水性ペン(乾くと耐水性)0.2mmです。後から筆で描くと、トレースした線が見えなくて苦労するので、耐水性のペンで描いてしまうことにしたのです。結構いい方法かも。

0805BrotherNoodle012.jpg

 今回も鮮やかな色を生かしたいので、薄い色から塗っていきます。一番濃いシャドウは最後ではないかもしれませんが、まあ、わりと後の方で塗ることにします。ホントはシャドウを先に塗ってしまうと描きやすいんだけど、後から濃い鮮やかな色をのせたいときに色が濁ったり、シャドウが薄くなってしまったり、ちょっと困ることがあるので、先になるべく色をつけてしまいます。

 はじめはウェットインウェットでフワッと薄くにじませました。色が形からはみ出してしまいますが、薄いので気にせず、大胆に色を置いてにじませます。でも白く残したいところは、にじまないようにぬらさないで残すか、塗らしたあとにティッシュで抑えて水分を吸い取っておく方が、キリッとした絵になります。

 紙はウォーターフォード300g
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兄弟麺 メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

水彩メイキング 兄弟麺 その2

0805BrotherNoodle020.jpg

 この絵も、薄いところから色を塗っていきます。同じ色の所はいっぺんに塗ってしまう方が効率がいいんだけど、他の色をにじませたり、同じ色を使う部分でも結局まちまちなので、効率は気にせず塗りやすい所から塗っています。色を重ねる部分は薄い色から先に塗ります。例えば、黄色を塗った後、乾かしてからオレンジを重ねるとか。もちろん、乾かしている間に別の所を塗ります。

 ある程度広い面積を1色で塗ると、どうしても単調になるので、別の色をにじませることがあります。まあ、にじませるか、後から別の色をのせるか、好き好きですが、後から塗り重ねると透明水彩は彩度が落ちるので、にじませる方がボクは好きです。滲みは水彩ならではの味ですからね。
 にじませる色は同系色か、反対色(補色に近い色)が多いですが、特に決まりはありません。例えば、緑の補色は赤ですが、全然関係ない紫をにじませたっていいのです。

0805BrotherNoodle031.jpg
左:同系色のにじみ  右:反対色のにじみ

 同系色はたとえば、黄色にオレンジをにじませるとか、木だったら緑と深緑、空だったらウルトラマリンの薄いウオッシュにマンガニーズブルーなどです。同系色をにじませるとキレイにとけ込んで、色もにごらないので、明るく軽い感じになります。

 反対色をにじませるのは、深みを出したいときでしょう。茶色に緑をにじませるとか、黄色と紫などです。反対色なので、混ざり合ったところはにごって彩度が落ちますが、それがまた面白い効果を演出してくれます。ちなみに、茶色は赤、またはオレンジの明度と彩度が落ちた色なので、反対色は緑や青です。明るい茶色のモチーフの陰に暗い緑をにじませると、セピアなどをにじませるよりずっと深みのある色になります。色がにごるので、暗く重い感じになります。

0805BrotherNoodle030.jpg

 薄い色から塗っていくと、全体像がなかなか見えてきませんね。シャドウがないので、寝ぼけた感じですが、でも、ちょっとガマンしてゆっくり塗っていかないと、稚拙な仕上がりになってしまいます。


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兄弟麺 メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

水彩メイキング 兄弟麺 その3 完成

0805BrotherNoodle500.jpg

明るい色はおおかた塗り終わったので、次にシャドウの部分を塗ります。

0805BrotherNoodle040.jpg

 シャドウを無彩色のグレーや黒で塗ると、ちょっと大時代な感じのきつい絵になってしまうと思ったので、ブルーを基調の黒っぽい色で塗っています。ウルトラマリンにバーントアンバーを加えています。一番黒くしたい部分、右側のお鍋のあたりはほとんど黒に近い色を塗っていますが、左側のお店の陰は暗い青にしました。
 シャドウも一色でべたーっと塗るのではなく、途中から焦げ茶色にしたり、ちょっと赤紫を交えたりして変化をつけています。

0805BrotherNoodle041.jpg

 最後に、マスキングインクを取って完成です。
サイズ:23.3×18.2cm 

■おしらせ

6月4日(水)〜9日(月)まで、
銀座のギャラリーでグループ展に参加することになりました。
「心に残るあのSCENE展」
場所 ミレージャギャラリー 
ホテルモントレーの隣のビル4階です。
http://www.mireyagallery.com/

こちらのホームから、住所とお名前を教えて頂ければ、
案内をお出し致します。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95627416

お気軽にどうぞ。


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 兄弟麺 メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ