ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2008年12月03日

水彩画メイキング パタヤビーチロード 1

 最近、小さな作品が多かったので、ちょっと大きめの絵を描き始めました。描くのはタイのリゾート、パタヤビーチの街角です。

1124pbr01.jpg



 今回は、ウェットインウェットをどれくらいうまく使いこなすか、というテーマで描いています。特に、シャドウ(陰や影)を先に描く「グリザイユ」を使っても、なるべく柔らかい表現になるように、しかも軽い絵にはならないように、という目標を立てました。

描く手順
1.マスキングインクで白くしたい細かい部分をマスキング
2.ウェットインウェットで大まかな色をのせる
3.シャドウの部分を描く
4.色をつける
5.修正、マスキングインクを剥がして完成。

 まず、水張りした水彩紙に写真からトレースしました。水彩紙はクラシコファブリアーノ荒目です。写真の中の横断しようとしてる女の子の位置をもう少し目立つ場所にずらしました。電線もうるさいので、いらない電柱ともども省略しました。

1125pbr01.jpg


つぎに、マスキングインクで、白く抜きたい細かいところをマスキングし、良く乾かします。光に反射して、マスキングインクが光っているのがわかると思います。

1125pbr02.jpg


マスキングインクが完全に乾いたら、画面全体に水を塗って湿らせます。タップリ水をやってピカッと光るくらい十分に湿らせたら、少し乾かして、薄い色を置いていきます。
色は1色ではなく、何色か混ざるように着けていきます。たとえば赤い車のちょっと暗くなっている部分には、反対色の緑をにじませたりしていくと、適当ににじんで水彩らしいテクスチャーが出来上がりました。画面が広い場合は途中で乾いてくるので、いったん乾かしてからまた水で湿らせて、続きを描いてもOKです。

1125pbr03.jpg


ウェットインウェットが乾いたら、次はシャドウを塗ります。

1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビーチロード メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

水彩画メイキング パタヤビーチロード 2

1125pbr04.jpg

 ウェットインウェットが完全に乾いたら、シャドウの部分を塗っていきます(グリザイユ)。グリザイユは無彩色の黒〜グレーでシャドウを塗る技法ですが、より水彩らしくなるように、2〜3色のグラデーションでシャドウを塗ることにします。無彩色のシャドウを先に塗ると、後でよほどうまく色をのせないと水彩らしくないおもしろくない絵になりやすいので、なるべく水彩のみずみずしさを失わないように、色のあるグラデーションのシャドウにしてみました。

 シャドウは黒く暗いと言う先入観を棄てて、比較的明るめのシャドウにしてみます。どこから塗るという決まりはないのですが、はじめはやさしそうな所から塗り始めて、筆がノってきたら難しいところに取りかかる方が良いと思います。この絵では、後ろのビルの窓からはじめました。

1126pbr01.jpg


 黄色いビルの下、1階のひさしの奥は広い範囲で陰になっています。面積が広く単調なシャドウにしたくないので、ここはウェットインウェットであらかじめ明るい色をにじませて少し複雑なテクスチャをつくりました。乾いたら、上からもう少し地味な色の絵の具でシャドウを塗ります。地味と言っても透明水彩なので、あらかじめ塗っておいた色が透けて重なるので、地味ですが深みのある色合いになると思います。


1126pbr02.jpg

I1201pbr01.jpg

I1201pbr02.jpg


 上の画像で見ていただければ、1階奥のシャドウがどうなったか、よくわかると思います。

 続けて、とめてあるバイクや走っているソンテウ(トラックを改造して乗客を乗せるタイのバス)の細かいところも描き込んで行きます。アジアのごちゃごちゃした町並みを表現するため、このあたりは省略せずになるべく細かく描いてみました。

1201pbr03.jpg


 全体にシャドウを描き込んだら、いよいよ個々に色をつけていきます。

※写真をクリックすると大きい画像が開きます。

1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビーチロード メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

水彩画メイキング パタヤビーチロード 3

 シャドウ部分がだいたい描き終わったら、色をつけていきます。
 最初に取りかかったのは、左側の車。赤い車は画面の中でも特に目立つ存在で、このシーンのアクセントになっています。絵のなかでも、やはりこの赤い車を目立たせたいので、先に塗ってしまいます。

1204pbr01.jpg

1204pbr02.jpg

1204pbr03.jpg


 最初に車のボディの部分に水を塗って湿らせます。湿っているうちになるべく鮮やかな赤(パーマネントローズとトランスパレントイエローの混色)をタップリ筆にとり、チョンチョンとつつくような感じで絵の具を置いていきます。ウェットインウェットです。ウェットインウェットは、乾くと色が沈みがちなので、真っ赤な色をたっぷりにじませました。
 でも、赤だけでは薄っぺらい車になってしまいます。赤が乾かないうちに赤の補色である緑(マンガニーズブルーとトランスパレントイエローの混色)や、紫(パーマネントローズとウルトラマリンライトの混色)をにじませて、車体の汚れたような感じを出します。
 いったん乾かしてから、ボディの下側、タイヤとタイヤの間に濃いめのこげ茶(ウルトラマリンライトとバーントシェンナの混色)を真っ直ぐにひと塗りし、塗ったところに同じ色をチョンチョンと置いて溜まりにし、少し乾いたら水だけつけた筆で上側の境界をなぞって上向きのグラデーションにしました。実際の写真ではこの部分が暗くなってはいませんが、車に立体感を与えるためにちょっとシャドウを付け足したわけです。あとはドアのラインなどを描いて車は一応完成です。


1206pbr01.jpg


 その後、車の上のお店の看板から、右へ向かって順に色をつけていきました。順にと言っても、隣り合った部分はすぐには塗れないので、とびとびになります。東南アジアらしい統一感のないカラフルな絵にしたいので、バイクやシャツなんかもしっかり色をつけていきます。このへんは細かくて小さな部分の連続ですが、根気よく。

1208pbr01.jpg

1208pbr02.jpg


 画面もちょっと大きいし細かいところも多いので、この作業は延々と続きますが、少しずつ仕上げていけばいつかは終わります(笑)。いっぺんに長い時間描くと、集中力が続かずに最後はいい加減になるので、1時間くらい描いたら、他のこと(たとえばテレビを見るとか、家事とか、どうしてもしなければならない仕事をするとか……)をして鋭気を養ってから続きを描きます。一日に1時間くらい描いて休むと、描きかけの絵を客観的に見ることが出来るので理想的でしょう。

※写真をクリックすると大きい画像が開きます。


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビーチロード メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

水彩画メイキング パタヤビーチロード 4

 
1212pbr01_480.jpg


 あとはどんどん塗っていくだけです。細かい所は細い筆を使うとラクに描けます。でも、あまり細い筆でばかり塗っているとチマチマした絵になるので、注意。特に細かいところを描き出すときりがないのでほどほどにします。
 道路を横断中の人物はなるべく目立たせたいので、一番最後に塗ることにします。

1215pbr01_480.jpg


 横断中の女の子は白っぽいTシャツを着ていたのですが、ピンクにしました。
 塗り終わったら、塗り残しがないかよく見ましょう。細かいところの多い絵だと結構塗り残しがあります。なければ、良く乾かしてから、マスキングインクを剥がします。

1216pbr01_480.jpg


 マスキングインクも剥がし忘れがないかよくチェックします。マスキングインクを剥がすと、修正したい部分も出てくるので、最後に全体を見ながら修正していきます。たとえば、輪郭がはっきりしすぎたところは小さくちぎったスポンジに水を少し含ませて輪郭をそっとなぞるとぼかすことができます。

1216pbr03.jpg


 横断中の女の子の顔がいつの間にかステレオタイプなイメージになってしまったので、少し修正しました。顔の部分を水をつけた筆でやさしくこすってティッシュで吸い取ると言う作業を何回か繰り返し、乾いた上から描き直してあります。陰の部分もやや濃くしました。
 修正はやりすぎると台無しになるので、ほどほどに。大幅な修正が必要と感じたときはいさぎよく描き直しましょう。

 後はサインを入れて完成です。

0812PattayaBeachRoad720.jpg


サイズ:500×380mm 紙:クラシコファブリアーノ200g

※写真をクリックすると大きい画像が開きます。

1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビーチロード メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ