ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2009年01月22日

水彩ブックガイド/レビュー1

水彩画の本、技法書はいろいろ出ていますね。どれを読んだらいいか、迷ってしまいます。
そこで、僕が今まで読んだ中で、これはいいと思った本を紹介します。
皆さんのお役に立てれば幸いです。

pronourawaza150.jpg
水彩画プロの裏ワザ 奥津 国道先生

奥津先生の本はたくさんありますが、何と言っても水彩画ブームの火付け役となったのが、この本です。
ボクはこの本で水彩画にグリザイユ技法を応用する方法を知って、絵が格段に上達しました。描き方がデッサンから彩色の手順まで、とても具体的に解説されています。奥津先生が絵を制作されるときに持ち歩いている画材などの解説もあり、特に風景画を描いていて、なかなか上手く描けないと感じている方には力強い味方になってくれるでしょう。奥津先生のいろいろな作品を見ることができるのも勉強になります。また、大きさが小さめの本なので、スケッチの時に携行しても苦になりません。
日本の水彩画史上に残る名著!。
水彩画プロの裏ワザ レビュー
「水彩画プロの裏ワザ」を楽天ブックスで購入する

奥津国道先生のほかの本も見る



sketchbiyori150.jpg
透明水彩で楽しむスケッチ日和  福井良佑先生

Webサイト「水彩画テラス」でおなじみ、福井良佑先生の本です。
あの、透明感あふれる福井先生の水彩画スケッチを作例に、スケッチのコツから技法まで懇切丁寧に解説されています。いちばんの特徴はそれこそ、鉛筆の使い方から、テクスチャーのかき分け方まで、「イ・タ・レ・リ・ツ・ク・セ・リ」の解説。野外スケッチが苦手という方にはぜひお勧めしたい一冊です。もちろん、アトリエで制作するときのヒントも満載。

「透明水彩で楽しむスケッチ日和」のレビュー

「透明水彩で楽しむスケッチ日和」を楽天ブックスで購入する




aokibokashi150.jpg
水彩画これ一冊でぼかしとにじみがわかる! 青木美和さん

透明水彩画のハイライト、とも言うべき技法、「ぼかし」と「にじみ」のやり方がホントによ〜くわかる本です。特に青木さんの水彩画のように、画面全体にわたってウェットインウェットでぼかしを入れていく、あの美しい水彩画の描き方を真似して見たい人には最適の一冊です。ボクもこの本を読んではじめて、「にじみ」を意識した絵が描けるようになりました。絵を描くときにいつも横に置いておいて、絵の具で汚れてしまったので、もう一冊買ったくらいです。本に収められた青木さんのステキな水彩画も必見!(笑)。

「水彩画これ一冊でぼかしとにじみがわかる!」を楽天ブックスで購入する

青木美和さんの他の本も見る




★このブログから楽天ブックスへ行って本を買ってくださると、あなたの楽天ポイントがたまるのはもちろん(100円で1ポイント)、ボクにも楽天ポイントがたまります。ご協力よろしくね!★

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

水彩ブックガイド/レビュー2

いぜんにも水彩の本を紹介したけれど、
       ↓
水彩ブックガイド/レビュー1
まだまだたくさんいい本があるので、
ボクが読んだ本の中から
良かったものを取り上げて紹介します。

水彩で描くやわらかな光の風景
ならざき清春

BNarazaki01.jpg
福岡でご活躍のならざき清春さんの著書。
ならざきさん独特の柔らかな光に溢れる風景画を
堪能できる一冊。
水彩画制作にも大変参考になります。
ならざきさんは全国各地で
水彩講座を開いています。

水彩で描く〜楽天ブックス(レビューあり)

水彩で描く〜アマゾン(カスタマーレビューあり)


透明水彩なるほどレッスン
プロが教える水とにじみの生かし方
永山裕子

BNagayama01.jpg

ご存知、永山裕子さんの本。
永山さんの本は何冊か出ていますが、
永山さんのような絵を目指す方には
この本はとてもわかりやすいと思います。
永山さん独特の画風を真似るのは
大変ですが、本の通りにやってみると、
だんだん納得できるようになります。
ただし、初めて水彩画に挑戦する方には
ちょっと難しいかもしれません。

なるほどレッスン〜楽天ブックス(レビューあり)

なるほどレッスン〜アマゾン(カスタマーレビューあり)


アルウィンの水彩画入門
アルウィン・クローショー

BAlwin01.jpg
イギリスの画家、アルウィン先生の本。
アルウィン先生の絵画講座が
NHKで放映されたこともありました。
少ない筆致でいかにリアルに描くか、
そんなところが見所です。
この本は古いので新品はないかも。
アマゾンで中古が買えます。

アルウィンの水彩画入門 〜アマゾン


水彩画これ一冊でマスキングがわかる!
白を残すテクニック
入谷清英

BIriya01.jpg

マスキングのテクニックを知りたい方には
好適な一冊です。
著者の入谷先生は水彩画家でマスキングの名手
菊池和広さんの師匠でもあります。
マスキングというテクニックに特化した本は
たぶんこれだけじゃないかな。

これ一冊でマスキングがわかる!〜楽天ブックス(レビューあり)

これ一冊でマスキングがわかる〜アマゾン


スケッチブックをもって旅に出よう
はじめての水彩風景画
奥津国道

BOkutu03.jpg

奥津先生の最初の本かな。
普通の本の体裁なのに、
技法書のような内容が盛り込まれています。
カラーページは少ないけれど、
奥津先生の旅のエピソードなどが書かれていて、
読んでいて楽しいと言う珍しい技法書。
これはオススメです。

スケッチブックをもって旅に出よう〜楽天ブックス(レビューあり)

スケッチブックをもって旅に出よう 〜アマゾン(レビューあり)


まだまだ紹介したい本はたくさんありますが、
長くなるので、またの機会にご紹介します。

タグ:水彩画

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 17:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

はじめての本です。11月下旬発売予定、予約もできます。

ボクが書いたはじめての本が、いよいよ発売になります。
  ↓↓
失敗しない水彩の画材選び
「失敗しない水彩の画材選び」
日貿出版 価格 2,200円(税別)

編集者をはじめ、JWSのメンバーにも少し手伝ってもらってなんとか出版にこぎ着けました。何と言ってもこの本のヒントをくれた皆さんのコメントや質問がなければ、実現しなかったと思います。
画材店などで見かけたら手に取ってみてください。11月下旬には発売されると思います。また、アマゾンでも予約中です。
  ↓↓
失敗しない水彩の画材選び ご予約
発売前にご予約いただければ、たいへん光栄におもいます。

どんな内容か、前書きを読んでいただければわかりますが、本の内容は透明水彩で使う画材、紙、絵の具、筆の性質について説明したあと、それぞれに関連する技法を解説しています。特に水彩紙に関してはボクの持論も交えてちょっと詳しく解説しています。

KudoBookPl550.jpg
前書き。クリックしていただければ大きな画像が開きます。
前書きのPDFファイルはこちらです。
PDFファイルなら拡大して読むことができます。

この本の元になったのが、このブログに寄せられたコメントやご質問のメール、それから水彩教室での質問です。いろいろな質問や水彩に関する悩みを聞いてみると、およそ半分くらいは画材について誤解しているか、正しい知識がないために、不必要な試行錯誤をしているということがわかりました。
ボクも水彩画を描き始めたとき、画材の性質についての知識がなく、技法書を読んでも“言わずもがな(言うまでもない)”の知識になってしまっていて、結局自分で試行錯誤することになりました。そんな“言わずもがな”の部分をなるべく解説するように心がけましたので、この本を一読していただければ、画材に関する疑問や思い込みが解けて、絵が描きやすくなると期待しています。

混色についてのページ見本です。PDFファイル。

画材に関連してリフティングなど基本のテクニックや、写真から絵を描く際の注意点なども盛り込みました。完璧でありませんが、易しく解説するよう心がけましたので、見かけたらどうぞお手に取ってみてください。発売日が決まりましたら、またお知らせしますね。
どうぞよろしくお願いします。

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水彩ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

水彩画集「懐かしの関東」

日貿出版創立50周年記念出版「水彩で描く美しい日本 懐かしの関東」編が発売中。関東在住の作家が描いた関東地方の水彩画を収録しています。

水彩で描く美しい日本 懐かしの関東

水彩で描く美しい日本 懐かしの関東
著者:日貿出版社
価格:2,700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



JWS(【日本透明水彩会】)からは青木美和さん、赤坂孝史さん、渋谷たつおさん、田中己永さん、福井良佑さんの絵がそれぞれ3点ずつ収録されています。ボクの絵も3点ありますので、よろしければ本を手にとってご覧下さい。ボクの絵は下の3点です。

◎「水彩で描く美しい日本 懐かしの関東」に収録された水彩画

日光街道 水彩画
「いにしえの面影 〜日光街道〜」(栃木県日光市大沢)

水彩 まずめどき 太東.jpg
「まずめどき 〜太東〜」(千葉県いすみ市太東漁港)

たき火 千葉市 水彩
「たき火 〜大草〜」(千葉市若葉区大草)


ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする