ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2009年05月01日

佐原へいってきました

0904Sawara440.jpg


 ゴールデンウィーク……の前の週、ちょっと佐原へいきました。佐原は江戸時代の町並みが残る、利根川沿いの町、TVでもたびたび紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。伊能忠敬の生地としても有名。

 古い町並みは運河に沿って建てられていて、車も通る遊歩道(笑)も完備。観光案内所ではイラストマップが20円で買えるので、それを入手してから散策しましょう。

 天気も上々、気温も暑すぎることもなく、最高の日和でした。町並みはどこをとっても絵になるので、かえって構図がムズカシイ。また、色が無い白黒の建物が多いので、水彩で描くにはちょっとひとひねり必要かも。切り絵などにはぴったりの風景で、実際に切り絵作家の方の絵はがきも売られていました。
 絵は、やはり白黒の建物。古い店構えの屋根にピカッと当たっている日の光がうまく表現できたでしょうか。柳はちょっとムズカシイ。最後にドライブラッシュのタッチをホワイトで入れてみました。建物が魅力的な造形なので、こんなに濃くしないで鉛筆淡彩でもいいかも。

スケッチサイズ:F4 紙:ラングトンブロック

0904sawara01.jpg
佐原の街は風情があって、のんびり散策するにはよいところ。


0904sawara_unagi.jpg
お昼は人気の「うなぎ割烹山田」で鰻重。たれは濃いめです。
他のウナギやさんと違い、ちょっと堅めに焼き上げてありました。


ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 12:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

水彩スケッチ 5月の庭

0905garden.jpg


 今年のGWはいい天気が続きます。毎年の事ながら、我が家は今年も遠出はしない予定です。それでも、バーベキューをしたり、ちょっと日帰り温泉に入りに行こうかナとは思っていますけどね。

 そんなわけで、のんびりしたGWを過ごしています……。といいたいところですが、自営業の悲しさか〜、皆さんがお休みの間に少しは仕事をして、GW明けたらすぐに進められるようにしなければなりません。まあ、GWにこだわらずに自分で休みの調整が出来るのは利点ですが……。

 冬から春先にかけて家内がせっせと手入れをした庭が、この時期には花を咲かせています。窓際に座り込んでちょっとスケッチしてみました。庭いじりは家内の専門、ボクは手を出しません。雑草と一緒に花の芽を摘んじゃったりとか、いろいろ怒られるリスクが多いから(笑)。あったかいのでスケッチしながら居眠りしそうです。

サイズ:F4スケッチブック  紙:ミューズケナフ
絵の具:バーントシェンナ、ウルトラマリンディープ、マンガニーズブルー(ホルベイン)
    パーマネントローズ、トランスパレントイエロー、(W&N)
    ウルトラマリン、マゼンタ(まっち水彩)

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

成東海岸

Narutoh01.jpg


 千葉の九十九里、成東海岸へ。成東は九十九里浜の中央付近にあり、北は旭市の飯岡まで30km、南は一宮の太東海岸まで30km、砂浜が続いています。九十九里ビーチラインという道が海岸沿いに走っていて、ドライブするのも楽しいところ。
 とはいうものの、九十九里、千葉のひとはあまり行かないのかもしれないですね。ご近所すぎてありがたみがないのか、ボクも年に1回行くか行かないかですから。家から車で40分ほどですけど。それに、電車だと最寄り駅の成東からはかなり離れていて、車で15分ほど走らないと海に着きません。バスはありますが、車じゃないと行きにくいかも。

Narutoh02.jpg

 九十九里は、茫漠(ぼうばく)としてなんにもない砂浜が延々と続いています。外海なのでわりと波が荒い。ここ成東では、遊泳区域と遊泳区域外が交互に並んでいて、海水浴は遊泳区域で、サーファーは区域外でそれぞれ楽しむことになっているようです。

 30年ほど前は海の家以外、何もなかったけれど、最近ではサーフショップやお洒落なレストランもポツポツとできて、なかなかのものです。平日でお盆も終わったあとなので、人も少なくとてもいい感じでしたよ。

Narutoh03.jpg

ちょっとウエストコーストっぽい


 皆さん、デッキチェアやパラソルを車に積んできて、思い思いに楽しんでいるようです。今日は久しぶりに成東海岸へ来ましたけど、なかなかいいですね。同じ九十九里でも、もう少し南の片貝とかには海水浴に行きましたが、成東のビーチに夏に来たのは初めてじゃないかな。家からは近いので、日よけとチェアを持ってきて昼寝をするのもいいかも。

0908NarutohBeach660.jpg

 スケッチは、風と砂と太陽に邪魔されながで、快適とは言い難い環境でしたが、ライフセーバーの櫓(やぐら)の下に日陰を見つけて、そこに座り込んで描きました。相変わらずスケッチは下手です(笑)。描いた時間は暑さに負けて30分以下。

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

奥久慈 大子町スケッチ

 3月になり、次男の高校受験も無事終わったので、温泉小旅行へ行ってきました。もちろん、スケッチ用具は持参。車で行ったので、荷物が増えても苦になりません。

 残念ながら1日目は曇り、2日目は曇り/雨と、スケッチにはいい天気とは言えませんでしたが、帰る日には晴れたので、写真だけは撮りました。

1003okukuji01.jpg

曇っていたけれど、せっかく来たので
宿の窓から見える風景をスケッチ。



 行き先は茨城県の大子温泉。あまり有名ではないかもしれませんが、近くに日本3大名瀑の1つ、「袋田の滝」があります。後の二つは和歌山県の『那智の滝』、栃木県の『華厳の滝』と言われているけれど、個人的には滝壺まで降りていける宮城県の『秋保(あきう)大滝」も加えたいところ。
続きを読む

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

梅&久慈川スケッチ

 3月11日 近所の梅林が満開だったので、スケッチしてみました。梅は桜に比べると「お花見」などの行事にならないせいか、人知れず満開を迎える感じですが、たくさんの木が植えられているとやはり壮観です。

1003JapaneseApricot.jpg


 梅とピンクのアパートが妙にマッチしてると思わない?。以前はこのアパートも梅林だったのですが、半分ほど整地されてこのアパートが建ちました。大家さんが梅の花に合わせてピンクの外壁にしたのでしょうか。半分になってしまいましたが、それでも2〜30本の梅が咲き誇る姿はなかなか見応えがあります。

 桜は細い茎のような枝が伸びてその先に花が咲き、まるで桜色の雲のようになるけれど、梅はやや太めの枝に花が直接つくので、雲のようにはなりません。その辺が描きわけられれば梅らしく見えるだろうと思うんですけど、なかなか難しい。色は実物よりも濃くしました。


 もう一点は、先日行った袋田温泉の宿から見た久慈川の風景。晴れたのがチェックアウト日だったので、スケッチが出来ずじまい。その時撮影した写真からスケッチを描いてみました。

1003Kujigawa00.jpg

これが写真。久慈川にかかる橋はJR水郡線です。



1003Kujigawa01.jpg


 最初に鉛筆でスケッチ。輪郭だけで、鉛筆で階調はつけません。鉄橋は定規で直線を引いてあります。川の上流の水面が目の高さ。



1003Kujigawa02.jpg


 最初、空を塗りました。下に行くほど薄くなるように筆に少しずつ水を取りながら塗ります。つぎに手前の川面を空よりやや暗めの青で塗り、手前の岩や遠景の山、草むらなどを薄く彩色。乾いたら右側の竹藪の暗いところから少しずつ濃い部分を塗ります。



1003Kujigawa04.jpg


 右側にある中景の林を塗りました。林の梢は筆のさきっちょでチョンチョンというタッチを使ってそれらしく描きます。このへん、あまり省略しすぎるとかえって遠近感が無くなるので、それらしく見えるようにやや細かく描きました。
 橋脚も塗ります。逆光なので、光の縁取りが見えています。左側の木立や草むらにも少し濃い色を入れました。

 また、この絵のハイライトとも言うべき川面の映り込みを、左右に筆を走らせるタッチで描いています。川のさざ波で映り込みが乱れている感じを出せれば大成功。
 橋の奥に広がる上流の川面は、太陽に当たってピカッと光っているので白く塗り残し、遠景の山が写り込むようすを少しだけ描き込みました。



1003Kujigawa06.jpg


 左側にある中景の岩が、逆光でシルエットになっています。そしてその岩を縁取るように光が当たっているようすを描きました。岩は思い切って濃い色にします。このような濃い部分は、アクリル絵の具のようにペースト状の濃い絵の具を塗るのではなく、十分水に溶かした濃いめの絵の具をたっぷりのせた方が水彩らしくなります。
 映り込みも濃い部分を描きたしました。



1003Kujigawa.jpg


 水郡線の鉄橋を描いて、手前の岩ももう少し描き込みました。前景は大雑把なタッチで描いた方が水彩らしい感じが出ます。上の方に見えている枝を少し描き込んで完成。


 どちらのスケッチも、ボクがふだん多用する「ウェットインウェット」を使わなかったので、ちょっとスタイルがちがう感じだけど。ウェットインウェットはドライヤー無しで乾かすには途方もなく時間がかかるので、ほんの少ししか使いませんでした。写真から描いた久慈川も、現場で(ドライヤー無しで)同じように描けると思います。

梅のスケッチ
サイズ:300×210mm 紙:アクアレル・ケナフ F4スケッチブック

久慈川のスケッチ
サイズ:250×200mm 紙:ラナアクアレル ブロック

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

福井良佑水彩画展 & スケッチ/藤

1005FukuiDM1.jpg

画家の福井良佑先生から水彩画展の案内を頂きました。
いつも素晴らしい水彩画の数々を制作されている福井先生の個展
ボクもぜひ伺いたいと思っています。

福井良佑 透明水彩画
会期=2010年5月10日(月)〜5月16日
11:00AM〜6:00PM(最終日は5時閉場)
会場=ギャルリー・コパンダール
東京都中央区京橋2−7−5
福井先生のサイト 
個展の詳細はこちらのブログで。




 さて、いよいよ暖かい季節になって、庭でも藤が咲いています。植えた覚えははないので、鳥が種を運んできたのかもしれない。特に手入れもしていないので花は小さいけれど。

1004Fuji_660.jpg


 これからしばらくは花のきれいな季節が続きますね。ボク自身は花の絵が得意というわけではないけれど、季節感のあるものは何となく描きたくなります。

 花をスケッチしていて困るのが、色の薄い花。濃い緑の中にあると余計にどうやって塗ったらいいかわからなくなりますね。不透明絵の具なら、上から塗り重ねることも出来るけど。

 そんなときに役立つのが、「ネガティブペインティング」。どんな高等テクニックかというと(笑)、単に塗り残すだけ。……とは言っても、これが結構カンタンではない。ふだんものの形を描き慣れているので、ものの形を塗り残すというのは生理的に抵抗があるのです。まあ、つまりやりにくいわけですね。

1004NegativePainting.jpg
藤の花を塗り残しました。



 モチーフの輪郭線に沿って塗るのはそれなりに描けるけれど、塗り残すとなるとかなりいい加減な塗り残しになりやすい。そこを強いて、「塗り残すぞ」という意識を持って塗り残す練習をしましょう。
 永山裕子さんや小野月世さんなど、達人の本があるので、参考になると思います。


★永山裕子さんの本(楽天ブックス)


★小野月世さんの本(楽天ブックス)



水彩スケッチ「藤」
サイズ:223×299mm 
紙:次男が中学校の美術で使っていたスケッチブック
使った絵の具:ウルトラマリンライト、バーントシェンナ、
       カドミウムイエローライト、マンガニーズブルーノーバ(以上、ホルベイン)
       パーマネントローズ トランスパレントイエロー(W&N)


ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

水彩スケッチ 藤 その2

1005sakura01.jpg

 連休も3日目。いい天気が続いて、良かったねぇ。この陽気にさそわれて、隣町の公園へ。八重桜がまだ咲いていました。ラッキー。

1005sakura02.jpg
満開の八重桜


 ソメイヨシノと違って、花があでやかですね。アップで描いても面白いかも。

 さて、先日は庭に生えている藤の花のスケッチをしましたが、さらに花が開いたので、もう少し近づいてスケッチしてみました。

1004Fuji_660_2.jpg


 花は、こんな感じで咲いています。↓ 
今年はけっこうちゃんと花をつけましたね。冬の間、近くに穴を掘って生ゴミを埋めたので、その効果かも。

1004Fuji_Photo.jpg



 スケッチするときは、なるべく道具類は減らしてコンパクトにしたいですよね。ホワイトが使いたいときに便利なのが、ペン型の修正液。そんなに細かいところまでは描けないけど、けっこういい味になります。耐久性がちょっと心配?、15年くらい前に描いたイラストに使った修正液、今でもキチンと白いままなので、たぶん大丈夫。これからのスケッチ日和にぜひ携行してみて下さい。

1004Fuji_Photo2.jpg


水彩スケッチ「藤-2」
サイズ:190×270mm 
紙:ラナアクアレル 荒目
使った絵の具:ウルトラマリンライト、バーントシェンナ、
       カドミウムイエローライト、マンガニーズブルーノーバ(以上、ホルベイン)
       パーマネントローズ トランスパレントイエロー(W&N)

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

谷津バラ園・木香薔薇スケッチ

 水彩教室でスケッチに行くことになったので、下見に行きました。津田沼教室の土曜日クラスで薔薇を描きたいというリクエスト。それなら季節もちょうどいいし、バラ園へスケッチに行こうと言うことになり、場所はすぐ近くの「谷津バラ園」になりました。

習志野市が運営する谷津バラ園のサイト

 谷津バラ園、昔は京成電鉄の経営する「谷津遊園」という遊園地、覚えている方もいると思います。
 更にさかのぼると、読売ジャイアンツの最初のグランドがあったところ、巨人軍発祥之地の碑もあります。
 谷津遊園は京成電鉄-オリエンタルランド経営の「東京ディズニーランド」がオープンしたのに伴って閉園し、跡地は公園になりました。このバラ園の海側にはバードウォッチャーには有名な「谷津干潟」があります。また、京成電鉄が経営する京成バラ園もお隣の八千代市にあります。

1005Yatsuhigata.jpg
谷津干潟。遠景のビルは幕張メッセのホテル



 肝心のバラ、今週は残念ながらほとんど咲いてません。先月寒かったせいでしょうか。来週はだいぶ咲いて、見頃はたぶん20日頃じゃないかと言うことでした。

1005YatsuRoseGarden.jpg
残念ながらまだほとんど咲いていないバラ園





1005YatsuRoseGarden2.jpg
たま〜に咲いてるバラ


 つぼみはたくさんふくらんでいるので、きっと22日のスケッチは大丈夫。あとは天気次第です。

 と言うわけで、バラ園にはまだバラがなかったので、うちの庭に咲いた木香(もっこう)薔薇をスケッチしました。

1005Mokkoubara.jpg
木香薔薇のスケッチ


 最初に黄色い花を全部描いてしまって、あとから葉っぱや陰を描き入れました。黄色い花には補色のうすい紫が良く合います。

1005Mokkoubara01.jpg
木香薔薇。中国が原産、トゲはない。


水彩スケッチ「木香薔薇」
サイズ:200×290mm 
紙:ラナアクアレル 荒目
使った絵の具:ウルトラマリンライト、バーントシェンナ、
       カドミウムイエローライト、マンガニーズブルーノーバ(以上、ホルベイン)
       パーマネントローズ トランスパレントイエロー(W&N)

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

バラ園でスケッチしました!

良い天気に恵まれて、習志野市にある谷津バラ園へ。水彩教室の皆さんと一緒にスケッチをしました。5月8日に行ったときはほとんど咲いていませんでしたが、今回は満開。どこから見ていいのかわからないくらい、いちめんのバラの花でした。

1005YatsuRG06.jpg
咲き誇るバラ


午前中、早めに行ってひとりでスケッチをしてみました。開園からもうひとがたくさん、スケッチをするグループも何組かあったようです。水彩教室かな?

1005YatsuRG05.jpg
午前中から大勢の人で賑わうバラ園

1005YatsuRG01.jpg
アーチに沿って咲いていた黄色いバラ



バラのスケッチは難しいです。ボクも得意ではありません。今回は下書き無しでいきなり水彩絵の具でスケッチしました。これはけっこう快感、気持ちいいです。気分が開放的になって、スケッチも楽しく描けました。

バラの花がたくさんあって、どこを描いていいか迷うのですが、いい具合に配置された花が見つかったら、主役の花を1つ決めて、その花を中心に周りを描いていきました。



1005YatsuRG02.jpg
谷津バラ園のスケッチ

バラ園だからと言って、バラの花ばかりじゃなく、こんな風景もスケッチすると面白くなります。ホントはシュロの木の右にマンションが建っていましたが、それは省略。バラの花はスパッタリングで絵の具を飛ばして表現しました。


午後からは、水彩教室の皆さんと落ち合って、スケッチをしました。

1005YatsuRG04.jpg
水彩教室の皆さん、スケッチの様子

1005YatsuRG03.jpg
ウェディング〜と言う名のバラ。スミマセン名前を忘れました。


午後遅くなって曇りましたが、暑すぎず良かったと思います。楽しい一日でした。

谷津バラ園のサイト

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

ミニトマト 水彩でスケッチ シリウス水彩紙

1007MiniTomato440.jpg


 うちの庭に植えたミニトマトです。暑いので部屋の中からのスケッチです。今年の5月に苗を植えました。4月には生ゴミを棄てる穴になっていて、去年の5月にはチューリップが咲いていた所です。
去年の5月の庭のスケッチはこちらを。

 先日描いた「夏野菜No.3」のミニトマトはうちの庭で採れたものです。↓

1007Vegetavles3_660.jpg




 このスケッチはオリオンの「シリウス」という水彩紙に描きました。

 シリウス水彩紙についてはこちら

 このシリウス、簡単に言うと画用紙みたいな描き味でした。水は紙に吸い込まれず、表面を漂うように乾いていきます。でも画用紙よりは表面が強く、重ね塗りもOKです。コットンではないので、濃いところを水の筆でこすると絵の具が溶けてしまいますが、薄いところは完全に乾いたあとでは塗り重ねても大丈夫。

 何と言ってもこの紙、値段がとても安くて、千葉県富里市にあるジョイフル2ではF8号大で一枚80円です。さらさらっとスケッチするならこれで十分。たくさんスケッチしたいときにはこれをB5くらいに切って使うと便利。そして何より「中性紙」というのがミソ。素性のわからない画用紙を使うならシリウスをオススメしますよ。

ミニトマト
サイズ:238×155mm 紙:シリウス水彩紙(オリオン)

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第4月曜クラス、空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | スケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする