ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2009年05月07日

九分の路地裏 水彩メイキング1

0904Kauhun00.jpg


 台湾の観光地、九分(本当の字は「にんべん」に分)で撮影した路地裏の風景。九分は映画のロケ地として有名、多くの観光客が訪れる所です。古びた建物に惹かれて。


0904Kauhun01.jpg

 いつものように、水彩紙にスケッチします。水彩紙はウォーターフォード300g。今回は写真からトレースしました。
 スケッチが終わったら、白く残したいところをマスキングインクでマスキングします。葉っぱや枝がピカッと光っているところや、建物の細いハイライトなどです。今使っているマスキングインクは白いので、バーントシェンナをちょっぴり混ぜて薄茶色にして使っています。)


0904Kauhun02.jpg


0904Kauhun03.jpg

 全体を湿らせて、薄い色を置いていきます(ウェットインウェット)。1色ではなく、なるべく2〜3色をにじませましょう。たとえば、緑の草むらの部分には緑のほかに、茶色や濃い青(陰の部分)、あるいは黄色(明るい部分)などをにじませると絵に深みがでてきます。

 白く残したいところはティッシュペーパーで絵の具を吸い取っておきます。


0904Kauhun04.jpg

 ウェットインウェットの色づけが終わったところ。かなり濃く見えますが、透明水彩は乾くと色が薄くなるので、濃いめの色を使います。
 ところどころ、面積が広くて単調になりそうなところは、にじみの技法を使って水や薄い色をにじませ、テクスチャーを作っておきます。この段階では建物の輪郭や、草の葉の輪郭に沿ってきっちり塗り分ける必要はありません。輪郭を越えて色が混ざり合っている方が開放的で柔らかい仕上がりになります。


0904Kauhun05.jpg

 ウェットインウェットが乾いたら、草むらの葉っぱや石のハイライトなど薄い緑色を残したい部分に、再びマスキングインクを塗ってマスクします。丸い葉っぱを点々とマスキングするときは、なるべく規則的に並ばないように気をつけます。
(上の画像のうす茶色に見えているのがマスキングインクです。)
 このあと、陰の部分に濃い絵の具を塗っていきます。

1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九分の路地裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

九分の路地裏 水彩メイキング2

0904kauhun06.jpg

 つぎに、シャドウを塗っていきます。近景のシャドウは濃く、遠景のシャドウは薄く塗ります。シャドウは黒やグレー1色ではなく、紫がかった濃いグレーやこげ茶色などが混ざるようにします。
 ウルトラマリンディープとバーントシェンナでシャドウを塗るための濃いグレーを作ったら、それを筆にたっぷり取って塗り始めます。シャドウの中でも少し明るめの所は、筆にグレーを含ませたまま、ウルトラマリンをちょっとすくいとって続けて塗ると、青みがかったシャドウになります。同じ要領で、時々マゼンタをちょっぴりすくいとったり、バーントシェンナをすくいとったりして、シャドウにも深みを出しましょう。試してみて下さい。


0904kauhun07.jpg

 古びた建物の壁には、スパッタリングで濃いグレーを散らして、壁のでこぼこを表現しました。


0904kauhun08.jpg

 シャドウを塗り終わったところ。くっきりしすぎている感じがしますが、このあと中間調を塗ると、コントラストが抑えられて自然になじみます。


0904kauhun09.jpg

 続いて中間調(シャドウでもなく、薄くもない色の部分)の色を塗っていきます。遠景の建物や、手前の家の窓枠、草むらなどを塗ったところです。遠景は薄く青みがかった色に、手前はやや濃くはっきりした色で色を着けていきます。


0904kauhun10.jpg

 一番下、やや右にある石積みの部分。石の上面には光が当たっているので、塗り残します。中間調を塗るときは、ハイライトを塗り残すようにしていくのがコツです。


0904kauhun11.jpg

 煉瓦の壁を塗っているところ。煉瓦のようにブロックで出来ている所は、面倒でも1つずつ色を着けていきます。煉瓦色を塗ったら汚れを表現するために、反対色の緑や青をにじませました。
 塗るときは、隣り合ったブロックは飛ばして1つおきに塗っていくと、色が隣の煉瓦と混ざらないので、煉瓦らしい仕上がりになります。塗った煉瓦が乾いたら、飛ばした煉瓦を塗ります。


0904kauhun12.jpg

 だいたい塗り終わりました。このあと、マスキングインクを剥がして、細かいところを少し修正したら完成です。


0903kauhunNo.2w660.jpg

完成画像。お付き合いありがとうございました。
コメントをいただければ幸いです。

サイズ:450×340mm  紙:ウォーターフォード荒目300g
絵の具:ウルトラマリンライト、ウルトラマリンディープ、バーントシェンナ
    マンガニーズブルー、(ホルベイン)
    パーマネントローズ、トランスパレントイエロー(W&N)
    マゼンタ、ウルトラマリン(まっち水彩)

写真をクリックすると大きい画像が開きます。


1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 九分の路地裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ