ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2009年07月10日

Noon メイキング1

 沖縄の海は、何度描いてもなかなか納得できる絵になりません。まあ、そんなこと言ったら、どの絵もどっかしら「こうすれば良かった」と思うところがあるもんですが、沖縄の海を描いたあとは特にそう言う思いを強く感じます。今ではいろんな技法のストックも増えたので、再挑戦。



0907Noon440.jpg

 で、上の画像のような沖縄の海を描いてみました。明るいところから暗いところまでの幅が広い真っ昼間の沖縄の海を、いかにダイナミックレンジの狭い水彩画にするかというのが課題です。今回は素直に明るいところ→暗いところという順で描きました。



0907Noon01.jpg

 水張りした水彩紙に下書きをします。今回はウォーターフォード中目300gを使いました。単純な絵柄でしたが、今回は写真からトレースしました。写真だと余計なものも映っていることがありますが、入れたくないものは省略してあります。また、手すりの上面など、日が当たってピカッと光っているところや、海の中に敷設されている黄色い浮き球はマスキングインクでマスキングしてあります。



0907Noon02.jpg

 最初にウェットインウェットで薄い色を塗ります。空から手すりまでと、白いボードウォークの部分と、画面を2つに分けてそれぞれをウェットインウェットで塗りました。水をたっぷり塗ったら、ちょうどいい状態になるまで乾かします。コットン100%の紙なら数分〜15分程度かかると思います。キッチンタイマーを3分くらいにセットして、3分ごとに湿り具合をチェックすると、そのあいだ本を読んだり他のことが出来ます。じっと待っているとじれったくなって早めに塗ってしまい、あとでしまったと思うことがしばしばあるのでタイマーを使う方法はおすすめです。

 空の上の方は出来るだけ濃い青を塗りたかったので、粒子の細かいまっちカラーのウルトラマリンを使いました。水平線に近い空はマンガニーズブルーを塗り、雲の濃淡も少しつけておきました。空の色は横に一直線に塗らないで、ポンポンと絵の具をおいていくような感じで雲を塗り残していきます。雲のいちばん明るいところはティッシュペーパーで水分と絵の具を吸い取るようにしておきます。

 ボードウォークはとても薄い紫を横一直線に塗っていきます。ひと筆塗ったら少し水をつけて、手前になるに従ってだんだん薄くなるようにしました。それだけではキレイすぎて現実味がないので、バーントシェンナをちょっぴりにじませてムラを作っておきます。



0907Noon03.jpg

 次に、手すりの隙間から見えている海を塗りました。この部分は面積も狭いので特にウェットインウェットにする必要はありません。
 沖縄はサンゴの環礁で囲まれているので、環礁の外側と内側では海の色が違っています。環礁の外側、水平線に近いところは外洋の深いマリンブルー、環礁の内側はおなじみのエメラルドグリーンで、ビーチに近づくほど砂の色が勝って最後は薄茶色のビーチになります。



0907Noon04.jpg

 手すりや、その隙間から見えている小さな桟橋も薄く色をつけます。手すりもボードウォークもほとんど白いのですが、雲の白さに比べて同じ白さではないので薄く色をつけました。

 このあとは、中間調を少しづつ塗っていきます。

タグ:水彩 沖縄
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | Noon メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

Noon メイキング2

0907Noon05.jpg

 ブイの部分です。薄いけれどそれなりに濃淡があります。薄くて小さな影ですが、こんな所をきっちり描くと、何となく日差しが見えてきます。このブイ(浮き袋)は絵のアクセントになっているので、少し細かく描いておきます。



0907Noon06.jpg

 白い床以外の部分を塗り終わったところです。カーテンのような薄い雲が多くて水平線まで続く奥行きがあまり出ていません。そこで、空の色を少し描きたすことにしました。
 空の部分をもう一度水でぬらします。一番上の絵の具が濃い部分はぬらさずにその下あたりから手すりまでの間を、塗ってある絵の具を溶かさないようにそっとぬらします。筆でこすらずに水をおいていくような感じで。
 やや乾いたら、空の色を筆にとってポンポンとおいていくような感じで塗ります。上の方はウルトラマリン、下の方はマンガニーズブルー、中間はその2色の混色です。空の上の部分はぬらしていないので、絵の具がにじんでいってはっきりしたエッジが出来てしまわないように、濡れているところと乾いているところの境界線を水をつけた筆でそっとなぞってぼかします。(一番下の完成画像と見比べてみて下さい。)



0907Noon07.jpg

 白い板張りのデッキを仕上げます。白いペンキで塗ってありますが、ひび割れやペンキが剥げているところ、木目や節がうっすら透けて見えるところ、砂で汚れているところもあるので、そんなところを少し描き込むとよりリアルな表現になります。
 透けて見える木目やひび割れは薄い紫色で描き込みました。木目やひび割れがたくさんあっても、全部描き込むとデッキばかり目立ってしまうので、適当に省略します。
 板と板の境目の線は定規とガラス棒を使った「溝引き」で引いています。きっちり直線で引くとつまらない表現になりやすいので、少しぶれた感じにしたり、途中で細くしたりして変化をつけています。また、手前を太く奥を細くして、遠近感を損なわないようにしました。
 砂浜の砂で汚れているところは、いかにも砂が散らかっているようにバーントシェンナをスパッタリングで飛ばして描きました。



0907Noon660.jpg

 ブイのハイライトをホワイトでちょっと修正して、マスキングをとって完成。お付き合いありがとうございました。

紙:ウォーターフォード荒目300g サイズ:250×357mm
絵の具:ウルトラマリン(まっちカラー)
    ウルトラマリンディープ、バーントシェンナ
    カドミウムイエローライト、マンガニーズブルー(ホルベイン)
    パーマネントローズ、トランスパレントイエロー(W&N)

※写真をクリックすると大きい画像が開きます。
コメントをいただければ幸いです。


この画像はインクジェットプリンタでハガキサイズに印刷できます。
気に入って頂けたら、暑中見舞いなどにお使い下さい。
(個人的な使用は自由ですが、営業用の使用は許可しません。)
ファイルサイズは約1MBです。  ↓↓↓↓
0907NoonPost.jpg


タグ:水彩画 沖縄
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 19:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | Noon メイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ