ブログひっこしました。新しいブログはこちらから

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

2010年04月01日

ウィークエンドマーケット メイキング1

 2年半くらい前に、バンコクにあるウィークエンドマーケットの一場面を水彩画にしました。これです。

 

 描き終わって眺めているウチに、もすこし大きいほうがいいなぁと思ったのですが、同じ題材をすぐ描く気にはなれず、そのうちそのうちと思っているウチに時間がたってしまいました。
 まあ、2年間で少しは上達したので、無駄に時間がたったわけではない(と思いたい)。で、重い腰を上げて、少しおっきな絵にすることにしました。

 最初の絵はミューズケナフという水彩紙に描いたのですが、全体に色がちょっと黒っぽかったかな。今回はもう少し明るくしたい。それと、今一つ奥行きが出ていないので、もっと奥行きを感じさせるようにしたいと思います。


 今回はウォーターフォードの中目を一枚、A1判のパネルに水張りしました。絵のサイズは左右がインペリアルサイズ(760×560mm※)の幅に余白を少し入れて710mm、天地は400mmと横長の絵にしました。

※水彩紙の全紙(760×560mm)はインペリアル・システムという英国の規格で制作されていて、日本のB2判(728×515)より一回り大きいくらい。この全紙を海外ではインペリアルサイズと呼んでいるらしい。


1003wm01-660.jpg

 最初に下書きをします。今回はかなり複雑な絵なので、写真からトレースしました。
 ピカッと光っているクロームの什器や小さなハイライトは「マスキングインク」でマスキングしておきます。
 マスキングインクが乾いたら、全体に水で湿らせます。斜めから光を当てて塗り残しのないように。このあと、ファーストウォッシュをウェットインウェットで入れていきます。



1003wm02-660.jpg

 ファーストウォッシュを入れたところ。紙が全体に湿っていて波打っているのがわかります。薄い色を全体ににじませています。道路などの無彩色(グレー)に近いところはいろんな色をにじませて、単調にならないように。



1003wm035-660.jpg

 ファーストウォッシュが乾く前に、道路などは塩を撒いてテクスチャーをつけました。これも単調にならないためのテクニック。



1003wm04-660.jpg

 完全に乾いたら、個々のモチーフに色を着けていきます。
 ここからいつも、

 A 薄い色から濃い色へと順に色を着けていく。
 B 影や陰を暗い色で最初に描いてしまう。(グリザイユ)


 と、どちらがいいのかボクは迷ってしまうので、ちょっと考え込んでしまいました。

 Aはオーソドックスな水彩画の塗り方で、普通はこれで塗ればいいんだけど、出来上がりまで全体のトーンが把握できないと言うか、どこをどのくらいの濃さに塗ったらいいのかが、わかりづらい。

 Bは最初に全体像が見えてくるので大変描きやすいのですが、ちょっと堅苦しいというか、大時代な雰囲気になりやすいんですね。



1003wm03-660.jpg

 今回も決めかねて、とりあえず、何となく左の人物あたりから色を着けはじめてしまいました。それも、左の人物はかなり濃く、右はちょっと薄くと全然一貫性がないですね。
 どうなることやら……。わーい(嬉しい顔)
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 16:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケットメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ウィークエンドマーケット 水彩メイキング 2

1003wm08-75.jpg
水彩画メイキング ウィークエンドマーケット  その2




1003wm04-660.jpg

 方針も定まらず、何となく描き始めてしまったんですが、手順としては、漠然と

1.下書き&ハイライトをマスキング
2.ウェットインウェットでファーストウォッシュ
3.影を描き込む
3.ごく薄い色を塗っていく
4.陰を描く
5.彩色
6.仕上げ・修正

 っていう感じで描いていこうかと決めました。でも、臨機応変に描きやすいところから描いていくことになります。



1003wm06-660.jpg
 
 この絵はなるべく色とりどりの絵にしたいので、紫を影につかいました。影の面積が広いので、単調にならないように赤紫や水をにじませています。

 なぜ影が紫?と思われるかもしれませんが、理由はボクも良くわかんないんですよ。水彩イラストレーターの佐々木悟郎さんが影に紫を使っていたし、紫の影の絵は他でも見かけるから真似をしたら結構うまくいったので。


1003wmEX-440.jpg
こんな風にバックのテクスチャが透け
て見えると影らしい感じになります。


 影が紫だと絵が華やかな感じになります。もっと落ち着いた絵にしたいときは影をグレーにするといいでしょう。



1003wm05-660.jpg

 薄い色から塗るつもりでしたが、一番暗いところを塗ってしまったほうが、他の色の調子(濃度)を決めやすいので、右側のお店の奥のシャドウを先に塗りました。

 濃い暗い色でも、油絵のようなペースト状の絵の具ではなく、しっかり水に溶いた絵の具をたっぷり紙にのせます。その方が水彩らしい仕上がりになるでしょう。

 男性の髪の毛とシャドウはとけ込んで輪郭がはっきりしないので、一緒に塗ってしまいました。



1003wm07-660.jpg

 鮮やかな色にしたいところも、最初にいくつか塗っておくと、他の色との対比を考えるのに便利です。派手なパラソルやぶら下がっているシャツの色を塗っておくことにしました。



1003wm085-440.jpg

 この絵のアクセントになっている、鮮やかな赤い「99」の文字も先に塗りました。大きな字なので、赤一色にはせず、下の方には紫をちょっぴりにじませてグラデーションが出来るようにしてあります。



1003wm08-660.jpg

 このあと、全体的に薄い色をつけていきます。
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 18:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | マーケットメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

ウィークエンドマーケット 水彩メイキング 3

1003wm09-660.jpg

 全体に薄い色をつけていくつもりだったんですが、左側の人物やパラソルが描きかけで落ち着かないので、先にもう少し描いてしまいました。真ん中ヘンのつるしてあるシャツなども試しに塗っています。



1003wm10-660.jpg

 真ん中の人物に陰をぬったり、目鼻を描き込んだりしています。ついでにラックに掛かっているシャツの陰も濃い色で描き込みました。



1003wm11-660.jpg

 今度はホントに薄い色を塗っています。左側の遠景とか、吊されているシャツとか。塗り方がシステマチックではありません。画面が複雑なので、特にどこから塗るというような計画をあまり綿密に立てなかったので。だいたい、同じ色のところはまとめて塗っています。



1003wm111-400.jpg
1003wm112-400.jpg
1003wm113-400.jpg
真ん中の、脚立に座っている人物。
Gパンにグレーで明暗をつけ、色をぬったところ。




1003wm116-660.jpg

一番右の人物。シャツとズボンに薄い色をつけたあと、シャツは濃いブルーで、ズボンはこげ茶色で明暗をつけたところ。あとでシャツもズボンもそれぞれ上から色をかぶせます。



1003wm12-660.jpg

 人物の肌の色を薄く塗りました。右側のラックに掛かっているシャツにも薄く明暗をつけてあります。
 あ〜、しんど。色をつける部分がたくさんあるので、なかなか進みませんが、このあとも引き続き、あっちこっちに色をつけていきます。よろしくお付き合い下さい。
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ウィークエンドマーケット 水彩メイキング 4

1003wm13-660.jpg

 薄い色を塗っているところです。前の画像とあんまり代わり映えしませんけど(笑)。



1003wm14-660.jpg

 真ん中のパラソルの下にいる人物や三輪車にも色がつきました。だいたい薄い色の部分は塗り終わっています。



1003wm15-660.jpg

 全体を見ながら陰を少しずつ濃くしています。陰を濃くすると、ピカッと光ったハイライトがぐっと魅力的になってくるでしょ。ハイライトの部分は紙の白地です。

 陰を塗り終わったら、シャツの模様や、もっと濃くしたい部分に色をつけていきます。



1003wm155-440.jpg

 シャツの模様を描き込んだところ。こんな細い線を描くときは、筆につけた絵の具をパレットのフチで良くしごいて余分な絵の具を落としてから、筆を垂直に立てて、筆の穂先だけで描いていきます。筆を持った手を置く場所に当て紙をしいて、その上に手をべたっと乗せるのではなく、小指と薬指の爪で支えるように乗せます。肩と腕の力を出来るだけ抜いてすぅっと滑らせるように描くとうまくいきます。力が入ると手が震えたり、線が太くなったりするので、描く前にいらない紙で練習してみて下さい。

 次はそろそろ仕上げの段階に入っていきます。
 
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

ウィークエンドマーケット 水彩メイキング 5

1003wm16-660.jpg


 2月に描き始めたこの絵もとうとうフ完成間近です。小さな部分も見落とさないように少しずつ色をつけていきます。シャドウを濃くしたり、シャツの模様を描き込んだりしました。

 全体を見て、ちょっと色味が薄いナーと感じたのが人物の肌の色。他にもところどころもう少し濃くしたい部分もあったので、色を重ね塗りすることにしました。東南アジアのパワーを出すためには、煩雑なくらい色がある方がいい。



1003wm16-0-440.jpg
細部の色を塗っていきます。肌の色も濃くしました。




1003wm17-660.jpg


 だいたい彩色は終わったので、マスキングインクを剥がしたところ。実はマスキングインク、2月に塗ってから放っておいたらなんと 剥がれなくなってしまいました!
 どうしようかと思案していたときに、水彩仲間のはまちゃんがドライヤーで温めると剥がし易くなると言っていたのを思い出したので、ドライヤーで温めて見たところ半分くらいは取ることが出来ました。やれやれ。どうもマスキングインクを薄めすぎて、紙の繊維に染みこんでしまったようです。早めに剥がしておけば良かった。



1003wm116-660.jpg

1003wm18-0-660.jpg

それでは、真ん中の人物で制作過程をざっと見て頂きましょう。

1.一番濃い部分を塗ったところ。髪の毛や目など。
2.薄い色をつける。
3.陰をつける。
4.肌の色をつける。
5.濃い色をつける。
6.陰を濃くする。全体を見て肌も濃くする。

という過程をたどりました。はじめにキチンと方針を立てれば、4工程くらいで済んだかなとは思いますが、まあ今回は、描いてみないと決まらない部分もあったので、描いてみてから臨機応変に手順を変えました。



1003wm18-660.jpg

 ホワイトでハイライトを修正してサインを入れたら完成です。
 前に描いた絵に比べて4倍くらいの面積になりました。以前描いたときは、アジアの氾濫した色に重点を置いて描きましたが、今回はマーケットの奥行きも出せるように描いてみました。
(以前描いた絵のメイキングはこちらです↓)
水彩画メイキング チャトゥチャク市場

 この市場のパワーを出すには、もっと大きな絵でもいいかなと思いましたが、それはまたの機会に取材し直して挑戦したいと思います。
長々とお付き合い、ありがとうございました。

水彩画「Chatuchaku Weekend Market」
サイズ:710×400mm 紙:ウォーターフォード荒目300g
使った絵の具:ウルトラマリンライト、バーントシェンナ、
       カドミウムイエローライト、マンガニーズブルーノーバ(以上、ホルベイン)
       パーマネントローズ トランスパレントイエロー(W&N)
       オペークホワイト(胡粉)(クサカベ)
1707NewBlogBtn.jpg
新しいブログ

ポチッと応援おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

自宅クラス
第2土曜、第4月曜、若干名 空きがあります。 こちらのフォームからご連絡ください。

※画像をクリックすると大きな画像が開きます。


コメントを頂ければ幸いです。
一番下の「Comment」をクリックするとコメント欄が開きます。↓
+++++++++++++

posted by くどうさとし at 22:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケットメイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1707NewBlogBtn.jpg 新しいブログ